40年前の実話怪談!現在も続く物語”生き人形”

生き人形-稲川淳二 怪談

私が怪談に興味を持ったのは稲川淳二さんの”生き人形”という怪談を聞いたことでした。ものすごく長編なのですが、語り手の稲川さんの話術もありますが、完全に引き込まれました。

今回は怪談としては最も有名な稲川淳二さんの”生き人形”です。

今回の怪談プロフィール

怪談評価点


■■ 怪談タイトル・怪談師 ■■
怪談タイトル生き人形
怪談師稲川淳二 さん
■■ 怪談レベル ■■ ※全て個人の感想であることをご理解下さい
恐怖度・不思議度4.0
ユニーク度(斬新さ)3.5
リアル度5.0
怪談師の話術スキル4.0
怪談師の話術タイプ淡々型・バランス型・激情型

怪談師情報

芸名・氏名稲川淳二
年齢72歳 ※2020年時点
肩書・本業俳優、タレント、工業デザイナー
公式サイト〇(公式サイト
公式youtubeチャンネル〇(公式サイト
公式twitterチャンネル〇(公式twitter
怪談代表作

※公式サイトなど以外の独自調査情報も含みますので、正しくない場合がありますのでご注意ください


怪談のあらすじ

この怪談は、稲川さんの実体験がベースになっている実話怪談です。
この怪談を話すと必ず怪奇現象が起こるため、稲川さん自身は語りたくないと言っています。

非常に長い怪談ですが、稲川さんの話し方や話術のスキルも相まって、場面場面がイメージしやすく、ノンストップで次から次へと怪奇現象がたたみかけてくるため、長時間聞いていても時間を忘れてしまうぐらいです。

稲川さんご自身が、ある日の夜中、中央高速道路で少女のような人影を目撃する。
後日、舞台で人形劇の座長をつとめることとなった稲川さんは、舞台で使う人形をみた瞬間に「あの時、高速道路で目撃した少女の顔にそっくり」であることに驚く。
その後、舞台の関係者に次々と怪奇現象が起こり、テレビ生放送でこの人形に話をした際にも怪奇現象が起こり、当時テレビ局に問い合わせが殺到した。この人形に関わる怪奇現象は今でも続いている・・・。

“生き人形”の怪談動画

【恐怖の時間】 稲川淳二の怖い話 ノンストップ 【怪談】 怪談ライブ

【恐怖の時間】 稲川淳二の怖い話 ノンストップ 【怪談】 怪談ライブ2015 9

この”生き人形”という怪談には、”いくつか続編もあります。今も進行形だと言われていますので、いつか稲川さんがどこかでこの”生き人形”に関わる新たな怪談を話してくれるかもしれませんね。

コメント